久屋大通公園の最南端にある”ケヤキヒロバ”をくつろぎと交流の場にするために
新たな設置する屋外店舗を提案します。
ケヤキヒロバ

ケヤキヒロバ

天狼院書店

天狼院書店

ケヤキヒロバの端には「天狼院書店」という一風変わった書店があります。
有益な情報を得ることができる「本」とその先の「体験」を提供する場がコンセプトです。
カフェが併設されていたり、読書会やゼミなどのイベントがたくさん開かれる
色々な楽しみ方ができる書店です。
テーマを「青空図書館」に定め、
ここで過ごす人が本に囲まれ、時間を忘れてくつろげる広場で
天狼院書店でできる体験を書店の中だけで終わらせるのではなく、公園全体に広めることを目的とします。

- 天狼院書店の向かいにある図書館入り口 -

ほぼ屋外の開放的な空間となっており、本棚のファサードが特徴的でカラフルな背表紙がよりインパクトを強くしています。

- 図書館の館内 -

レベルが1000下がっているこの場所は、普段とは違う目線から地面の芝生や建物沿いを流れる水を眺めることができます。

- 外から見た様子 -

入り口の裏を回ると、地面の芝生から続く坂があります。
坂を登り、さらに奥に進むと公園周辺に聳え立つケヤキの木を間近に見たり、爽やかな風や景色を楽しむことができます。

芝生の坂の下にはシアタースペースがあります。

映画を楽しんだり、天狼院書店で行われるイベントや街の発表会を行うことができます。

You may also like

Back to Top